■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

減らない整備

プロぺラジンクリングの腐食がほぼ限界に。以前乗っていたシャフトドライブタイプのリングと比べ、表面積が多いとはいえ2年以上経っているのでよくもった方かも。

180531_(12)_convert_20180531192532.jpg
このまま使用し続けて機走中にばらばらになると振動の原因となるので交換することに。

180531_(16)_convert_20180531192601.jpg
タップ穴がなめたりすることもなく難なく取り外せました

180531_(8)_convert_20180531192452.jpg
キャップスクリューはSUS製。さすがVOLVO、でもパーツ代が高い!

180531_(18)_convert_20180531192624.jpg
こうやって改めてみるとドライブ側のジンクはほとんど腐食無し! 接触してる相手の材質の違いのせいなのか、それとも回転部品のせいなのか・・・  不思議です

180501_(9)_convert_20180514181336.jpg
そしてここ最近気になっていたオイルパンに溜まりだした油のような燃料のような液溜まり・・・ どうやら燃料のよう
前回燃料ポンプ吐出後のチュービング辺りかとさんざん調べ結局判明したのがここ

180506_(6)_convert_20180514181506.jpg
高圧ラインではなく吸い込みとリバースの集合部、それも六角ねじの低圧部! もっと早く簡単にわかりそうなものだけど探し当てるのに結構時間がかかりました。軽油は時間が経つと乾いてしまうのでエンジンをかけたまま調べないとダメなんですね。ようやくオイルパンに溜まらなくなったのに、今度は冷却水ポンプのシャフトシール側からの海水漏れを発見・・・
整備は続きます
スポンサーサイト


整備 | 20:53:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad