■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

04.11 船台の車輪破損

この船は進水当初から陸置きしており、今年で5年目。今まで一度も車輪の交換はしてないけど、スターンの固定側ゴムカバーが二つ外れてしまいました。以前置いていたマリーナではもっと早くだめになっているケースも結構あるので、よくもった方かも。このクラスだとたいてい車輪の数は8個タイプが多いけれど、耐久性をよくするためイニシャルコストはかかるけれど12個タイプで作ってもらったのが幸いしたのかも。

180411_(2)_convert_20180416160029.jpg
仁尾マリーナに移った時、牽引方法に合わせて船台を改造。その際スターン側の自在キャスターを2個取り外し予備として残してあったので、その車輪を移植してみることに。

180411_(5)_convert_20180416160125.jpg
でもよく見ると表面は錆びており果たして使い物になるのか・・・ 何となく怪しい感じもするけどまあとりあえずピンを抜いてみることに。

180411_(8)_convert_20180416160140.jpg
早速船台をジャッキアップ、まずは外側の固定車輪を取り外し交換することに。

180411_(11)_convert_20180416160210.jpg
マリーナ内修理工場の油圧プレスを借りて悪戦苦闘すること約1時間、ようやくピンを抜いたけれど・・・

180411_(13)_convert_20180416160237.jpg
ベアリングがもうガタガタで使い物になら無い状態、ここまでやるだけやったのでしょうがないと諦めることに。直ぐにメーカーに注文したけれどなんと現在在庫切れですって。次の下架の際、他の車輪へ負担がかかってさらに破損することのないよう祈るばかりですが・・・
スポンサーサイト


整備 | 16:38:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad