■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

天草巡り、 続き
171016_(5)_convert_20171019193321.jpg
10.16
天気予報どおり今日も朝から雨模様。今日は天草五橋のうち一番北側のヨットがくぐれる天門橋を渡り、三角港波田マリーナまで行ってみることに。

岩屋浦港_convert_20171020105303
この橋の西側5kmほどの所には成合津というヨットハーバーがありますが、三角ノ瀬戸入り口の少し入り込んだところに岩谷浦という港があり寄り道。

171016_(9)_convert_20171019193427.jpg
三角ノ瀬戸は潮流が激しそうなので、潮待ちも兼ねて避難する港としては使えそうでした。

171016_(7)_convert_20171019193348.jpg
どの方角からも閉ざされているので波、風共に影響が少なそうですが、奥は浅そう。

171016_(10)_convert_20171019193450.jpg
天門橋を渡り着いたのが三角波田マリーナ、ボートは少なくほとんどがヨットのハーバー。

171016_(15)_convert_20171019193536.jpg
マリーナ事務所。整備されたマリーナだけど周りにお店はなく、食料の調達は難しいかも。

171016_(19)_convert_20171019193633.jpg
その後は一気に南に下り天草下島最南端の牛深に。

171016_(23)_convert_20171019193741.jpg

171016_(20)_convert_20171019193651.jpg
ここはお店も多くほとんどのことが足りそう。ただ西側からここに寄るには、高さ16mしかない通天橋をくぐれないとかなり大回りする必要が。

171016_(24)_convert_20171019193835.jpg

171016_(25)_convert_20171019193904.jpg
牛深北西に位置する須口浦港。こちらなら橋をくぐる必要はなく、場所もかなり広いのでどこでも泊められそうです。

171016_(28)_convert_20171019193937.jpg

171016_(29)_convert_20171019194028.jpg
さらに奥の岸壁
牛深須口浦_convert_20171019194852
ただしSに開けてかなり広い港なので、SやWの強風時はちょっときついかも。

171016_(32)_convert_20171019194114.jpg

171016_(33)_convert_20171019194129.jpg
そしてこちらはさらにもう少し北に位置する牛深茂串港。以前から気になっていた場所ですがここの情報は今まで見たことがないので、今回一番確認したかった場所。

牛深茂串港_convert_20171019195505
こちらはSに港が入り込んでおり、SでもWでも波は入ってこなそうです。ここなら時化た時、そして甑辺りまで行く中継地として使えそうです。

171016_(36)_convert_20171019194215.jpg
その後は崎津天主堂を見学、なんと教会内が畳敷きなのにビックリ。これは崎津漁協前の桟橋、大きいものが追加されているようでした。ここもお店があるので食料調達は大丈夫そう、ただ港の中は浅い場所が多くよく確認する必要がありそう。

今日も150km近く走り、夜は下田温泉でふやけることに。
スポンサーサイト


未分類 | 19:41:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad