■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

07.21 無線機の立会検査

午前中の飛行機で長崎に、昼一番で下架し無線機の検査準備開始。船内の気温は38℃、簡易エアコンをすぐにかけたものの1時間たっても室温は変わらず。
15:00頃F電機の検査技術の方が到着。仕事とはいえこの暑い中来ていただいたのでお礼を言い、早速仕事に取り掛かってもらう。

170721_(3)_convert_20170721195056.jpg
どんな検査をするのかと思っていたところ、まずアンテナを取り外し計測器を接続。使用する周波数帯の一番上(77)と下(9)、そして常用チャンネル16発信時の値を計測。それも最高、最小出力時の各値。
そこまででもこんなにやるのかと思いながら既に1時間経過。実はエアコンを接続していた延長コードが手で触れないくらいの熱を持っていたのでこのままではまずいと思いすでにエアコンをストップ。結局団扇であおぎながら作業、二人ともタオルが絞れるくらいの大汗状態。
この段階までの各作業状況も全て記録を撮ってましたが、なんと。機器本体の型式、製造番号写真を撮るべくパネルから無線機を取り外すまでに。
話を聞いたところ、官庁からの代理作業なので絶対間違いの無いよう全ての詳細内容を写真に記録されているとのこと。
さすが大手電機メーカーだけのことはあるなと感心、そしてそれなりの金額のかかることも納得。

170721_(4)_convert_20170721195119.jpg
5Wのハンディートランシーバーも同様に検査、最後に最寄り基地局に通信。異常なく通話できることを確認し無事終了。

170721_(6)_convert_20170721195147.jpg
型式と製造番号が総務省所轄担当課のコンピュータに登録してあるので、他者に譲渡する際は必ず廃止届を出すようにということでした。そうでないと二重登録ですぐ引っかかってしまうそうです、流石日本のお役所。
次回はまた5年後に、でももっと涼しい時にやります・・・
スポンサーサイト


整備 | 20:57:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad