■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10.01 Jet Thruster systems
161001_(9)_convert_20161001200338.jpg
Nさんの36Pの艤装が始まったのでちょっと見学させてもらうことに。

161001_(11)_convert_20161001200407.jpg
NさんとYBMで合流、そのまま船の置いてある浦賀のヴェラシスに。

160923_(5)_convert_20161001200826.jpg
見たかったものはこの穴の中にあるもの

160926_(7)_convert_20161001200722.jpg
これは吐き出し口

160926_(6)_convert_20161001200659.jpg
こっちは吸い込み口

161001_(3)_convert_20161001200231.jpg
これがその正体。青いのがモータ直結渦巻きポンプ、赤いバルブが2 1/2インチの吸い込み側バルブ。モータはDC24Vで3kw。

161001_(6)_convert_20161001200323.jpg
これはオランダ製 Jet Thruster systemsなんです。ヨットでは国内初とのこと、今まで小型のヨットではバウバース下に余裕がないので外付けタイプしかありませんでした。スラスターの有り難みを一回味わうともう手放せませんね、これから先もしサイズダウンすることがあったとしてもどうしてもスラスターを着けたいので今回見に来ました。
この船は今回左舷側に配置、バウバース下に余裕があればそれも可能です。

161001_(5)_convert_20161001200304.jpg
吸い込みが2 1/2インチとかなり大口径、心配なのはこの管内に貝が付着しないかですけど。あとは定期的な整備方法かな・・・
ちなみにこのての継ぎ手のシール材は通常何を使われるんでしょうか。私は以前の仕事の関係では液状硬化型のロックタイト575を使ってました、100MPaの高圧シールも実績が有り、振動による緩みもなく、シールテープと違い位置合わせのために締めもどしてもOKなのでお薦めと思いますが。

161001_(1)_convert_20161001200152.jpg
これはポンプの先に取り付けるロータリー型切替弁、これで左右どちらに吐き出すかを選択。

161001_(2)_convert_20161001200207.jpg
これが左右の吐き出し口、あとはホースで接続するだけ。

161001_(13)_convert_20161001200420.jpg
ガンポールも備えており、コードゼロも手配済み、走りもかなり期待できそう。
試乗が楽しみです。
スポンサーサイト


未分類 | 21:32:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad