FC2ブログ
 
■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

10.27 シャックルの廻り止め

アンカーを打つ際、今まではシャックルの廻り止めをSUSの針金でやってました。でも不注意で結構指に刺さったりすることも多く、ぱっとひらめいたのがこれ。取り外し可能なインシュロックタイ、商品名は「ビーズタイ」。100yenshopのダイソーで売ってます。材質はナイロン、径は4mm。ナイロン製の細い紐でもいいですが、これならワンアクションで取り付け取り外しが可能。そしてなんと30本入りで¥108、毎回使い捨てでも惜しくはないですよね。

181027_(2)_convert_20181027170322.jpg
恒久的なアンカーならば確実性の高い針金を使用するべきですが、クルージングの時ならこれでもいいかなと。次回から試してみます。

スポンサーサイト
ツール | 17:28:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
10.25

船検も無事終了、今日は天気もいいので4か月ぶりにセーリングに出かけることに。

181019_(4)_convert_20181025182156.jpg
まずグースネック側のカバーを取り外してすぐに気がついたのがこの部分。ブームカバーマスト側エンド部、前回取り外し補修した際ナイロンベルトをこの様に縫い付け補強。ところが

181019_(1)_convert_20181025182116.jpg
ポートサイド内側の部分はなんと、この様に部分的にベルトそのものが消滅状態! なんで・・・ どおして・・・
狐につままれたような感じ。よーく考えた結果、今年は台風が多かったため強風でカバーが振動。その際セールと擦れて摩耗したのでは。セールはダクロンなので擦れに関してはナイロンより強く、ベルト側が摩耗で負けて無くなったのでは。もしそうならば、セールが擦れて無くなるよりカバー側の方で良かったことに。次回カバーを補修する際は、マジックテープでベルトを張り付けられる様にするのがベターかも。

181025_(2)_convert_20181025182517.jpg
昼過ぎに出航、メインを上げようとしたらなんとまたもバックの中に鳥の巣が。でもひなはすでに巣立っており干し草だけだったのでそのまま撤去。しばらく来ないといろいろあります

181025_(7)_convert_20181025182608.jpg
そして台風26号が発生! どうか日本に近づかないよう祈るだけですね

未分類 | 19:13:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
10.17

昨日の昼過ぎNSMにやって来ました。今回のノルマは船検、早いもので進水してからあっという間に6年経ってしまいました。油壷に居る時は限定沿海プラス沿岸5マイルで検査を受けてましたが、今は沿海仕様なので沿海セットを新たに購入。こればかりは決まりなのでしょうがないですが、膨張救命浮器の期限は来年1月まで有ったので更新検査をしないでそのままに。無事JCIの検査も合格し、浮器の検査代¥25,000が浮きました!
もし有効期限が残り僅かだと船検は通らないと思います。だから船検の通知が来たら早めに受けた方が良いですね。

181017_(5)_convert_20181017193836.jpg
膨張式のライフジャケット、ガスボンベのゆるみがないかを確認しようと開いてみたらボンベが錆びで腐食。さすがにこれは放置できないので予備のボンベと交換。

181017_(3)_convert_20181017193710.jpg
ここのところ台風が多かったせいかブームバッグにもこのような穴が! 確かつい最近取り外して3日がかりで補修したような記憶が・・・

180911_(2)_convert_20180930105131.jpg
そしてもう一つ壊れたのがこのソーラーファン、前回来た時にファンが回らず電池を交換してもうんともすんともいわないのでこれも今回要交換。

180911_(5)_convert_20180930105244.jpg
同じものが有れば上物だけ交換すればいいのですが、残念ながらこのタイプは生産終了品。

180930_(4)_convert_20180930104619.jpg
しょうがないのでハッチを貫通する穴径が同じものを購入

180930_(7)_convert_20180930104919.jpg
でも新しいだけありファンの回転方向がスイッチで切り替え出来、なんとLEDも点きます!

181017_(7)_convert_20181017194004.jpg
まず取り付けベースの取り外し、シリコンでシールを兼ね接着してあったので綺麗に除去。

181017_(8)_convert_20181017194047.jpg
これはテフロンを帯状にしたシール材、そしてさらに裏側に粘着テープも付いているので

181017_(9)_convert_20181017194128.jpg
この様に張り付けることができます。ソーラーファンにはO-リング溝が有りますが、リングそのものはホームセンターで必ずしもジャストサイズが販売されているわけではないのでこのシール材はかなり重宝してます。

181017_(10)_convert_20181017194226.jpg
このシール材はもちろん伸縮性があり、この様に重ねて貼り付けても均等に潰れてくれます。でも締め付けるといくらでもつぶれるので締め代を残すのがポイントです。垂直、あるいは天井側でパッキンが落ちそうな場所でも使用できるのでお勧めです、モノタロウで購入しました。

181017_(12)_convert_20181017194302.jpg
最後に水かけ試験をして終了。

未分類 | 20:43:56 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad