FC2ブログ
 
■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

涙型フェンダーカバー
140129+(7)_convert_20140130102050.jpg
先日涙型フェンダーのカバーが切れてしまったので作り直し。前回作ったのが約1年前、やはり帆布地でカバーしないとあまり保たない。とりあえず手持ちの物が切れていたので再度購入。

140129+(2)_convert_20140130101949.jpg
前回購入したときは「リブニット」と商品名がタグに付いていたが、今回同じコーナーで「裏毛ニット」とほぼ同じ物を見つけ購入。¥126/10cmと10cm単位で販売、1.5mしか在庫がなくフェンダー2個分の長さ。

140129+(4)_convert_20140130102023.jpg
この生地は最初から周囲約940mmの袋状になっておりφ470のフェンダーがすっぽり収まります。伸縮性がよく(約1.5倍)、たるみが生じにくいのでできあがりが綺麗になります。

スポンサーサイト
工作 | 10:47:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
アンカーカバーの制作 その2
140127+(5)_convert_20140129164519.jpg
このブルースアンカーは以前の船でバウに付けて使用してた物ですが、効きもいいので残してありました。前回フォートレスアンカーのカバーが作れたので、今度はこのカバーにも挑戦してみようと決心。しかしフォートレスと違い三次元曲面なので構想を練ること約1週間。

140128+(1)_convert_20140129164648.jpg
クッション材をフリュークに合わせ型取り、帆布地に写し縫い代もマーキング。

140128+(2)_convert_20140129164727.jpg
フリュークを差し込む袋部も先に縫い、裏側には左右接続用のマジックテープを。

140128+(5)_convert_20140129164808.jpg
帆布地はサンブレラほどは固くないのでこの程度の曲線縫いは十分可能です。

140128+(9)_convert_20140129165035.jpg
鍋つかみの様な変な形になったのは、フリューク部のカバーを左右2分割にしたので・・・結果こうなりました。

140128+(11)_convert_20140129165116.jpg
シャンク部分。新聞紙で現物の型取り、縫い代プラスクッション材を入れる余裕も取り少し大きめに生地に写す。

140128+(16)_convert_20140129165227.jpg
コーナー部分には薄めの梱包材を押し込み、動かない様内側から袋状に縫う。フリュークと接続できる様にマジックテープも縫い込み

140128+(17)_convert_20140129165258.jpg
140128+(19)_convert_20140129165326.jpg
二日間かけ出来上がりましたが、三次元はやはり難しいでした・・・

工作 | 16:58:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
トランサムにクリートを追加

槍着けの際、アンカーロープを取り付けるクリートが手元に近い方が楽なのと、叉もし一人ならばなおさら1秒でも早くバウの舫いを取りたいのでトランサムにクリートを追加しました。

140125+(3)_convert_20140128090217.jpg

DSCN1575_convert_20140128092209.jpg
ちなみにこちらはモニター用に使っている漬け物石。表面がプラスチックコーティングしてあるので錆びません。ホームセンターで大小様々なサイズを置いてます。

工作 | 09:29:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェンダーの収納と高さ調整
130630+(5)_convert_20140127094529.jpg
フェンダーはロッカーにしまわず、いつもこのようにライフラインにS字フックで引っかけてます。特に一人の時は着岸前にフェンダーの設置とアンカーロープの準備を最短時間で行いたいのはどなたも一緒だと思います。しかしこのフックはプラスチック製だとすぐ割れ、金属製だとハルを傷つけるのでいい物がないかと思っていたところ・・・

140124+(2)_convert_20140126195708.jpg
ありました! それも100yenshopで。ポリカーボネート製なので耐候性も強く、¥105/6個ですから。

140122+(39)_convert_20140126195245.jpg
S字フックを外し落とせばポンツーン高さに合う位置

140122+(38)_convert_20140126195144.jpg
フェンダーロープ途中の位置にアイを作っておきそこに引っかければ横抱き、岸壁横付けの高さ。これだと片側3~4個のフェンダを下げるのに20~30秒程度でできます。

140122+(40)_convert_20140126195511.jpg
但しフックをロープに縛っておかないと外れてすぐ紛失・・・
ちなみにフェンダーカバーを吊っているひもが無いと、こすれた際カバーが下にずり落ちこれまた海の底に

工作 | 10:21:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
アンカー受け、ジェネカータック部の補強
130811+(1)_convert_20140125155121.jpg
(改造前) ジェネカータックの先端をアイに取り付けます。しかし強度的にあまり十分とは思えないので油壺ボートサービス(046-882-6543)の日高さんに補強を依頼しました。

140112+(5)_convert_20140125155620.jpg
(改造後の写真) 出来映えはこの通り。ABS(油壺ボートビス)さんには今回初めて依頼しましたが、見た目にも非常に良くさすがに噂通りのいい仕事をされていると感心。5月の出航までに他のこともいろいろお願いすることにしました。
131130+(6)_convert_20140125155429.jpg


未分類 | 17:02:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
スチロールフェンダー
101017+(5)_convert_20140123094659.jpg
最初はロープを亀の子状に編み、風呂用マットと共に巻き付けて使用していました。しかしロープとマットの重量が結構重く、叉ロープを編んでいる部分も岸壁ですれるとすぐ切れてしまいます。

140122+(4)_convert_20140123095004.jpg
「ユザワヤ」でリブニットと称する伸縮性のある生地を見つけました。この生地でクッション材のキャンプ用マットを包み、余った物も真ん中に入れ帆布地で巻き付けこのように。

131130+(5)_convert_20140123095708.jpg
140122+(3)_convert_20140123095203.jpg
大、中、小都合3個。帆布地がぼろぼろになったら交換と思ってますが、結構丈夫です。

140122+(6)_convert_20140123095309.jpg
こちらはだいぶ日焼けしてネイビーブルーがねずみ色に。

工作 | 10:40:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
フォートレスアンカー
140122+(13)_convert_20140122144030.jpg

140122+(16)_convert_20140122144319.jpg
これから行くクルージング先の港で槍付けすることも考え、新たにアルミのフォートレスアンカーを購入しました。アルミ製にしたのは熱海のECHO POINTさんの記事を読み決めました。実際に組み立てて大きさの割りに軽さを実感しましたが、一回り小さい物で良かったかかなと・・・(ストックの長さがかなり長い、収納場所に迷う)
結局ロッカーの中に収納することにしましたが、出し入れの時や他の荷物にぶつけて破損させることがない様キャンバス地でカバーを作りました。
生地は楽天ネットショップ「銀河工房」で購入、8号帆布地92cm幅¥630/m。形状的にエッジ部が多いのでホームセンターでコーナー用クッション材を入手、シャンクの部分にはマットフェンダー材残りの物を追加しました。

工作 | 15:38:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
マットフェンダーの制作
140121+(2)_convert_20140121095041.jpg
131130+(1)_convert_20140121095123.jpg
131130+(2)_convert_20140121095153.jpg
マットフェンダーは市販の物がありますが、自分で作ってみました。静岡の木下資材からサンブレラの生地を購入、116cm幅で¥3,700/m。中のクッション材はホームセンターで売っている物。ロープはアマゾンネットショップ「結びや」からφ12PPロープを¥125/mで購入。このロープは強度は弱いですが、非常に安価な上しなやかで使いやすいです。都合2セットで¥25,000程でできました。

工作 | 10:20:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホームポートの油壺です
桜咲く頃
130324+(6)_convert_20140120123320.jpg
秋口
130317+(6)_convert_20140120123121.jpg


未分類 | 15:22:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
一昨日の油壺
140104+(1)_convert_20140120121341.jpg
今日からブログをスタートします、まずはホームポート油壷の紹介から。本当に素晴らしい泊地です。
でも昨日から一日中北風が10m以上吹いていました。

未分類 | 12:17:36 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad