FC2ブログ
 
■プロフィール

fwave7

Author:fwave7
艇名は「Chic Reve」意味はフランス語で素敵な夢です。平成26年5月に神奈川県油壺から香川県仁尾マリーナに移りちょうど1年が経ち、今度は長崎サンセットマリーナにやって来ました。しばらくの間ここをベースに五島、天草、屋久島方面を廻っていきます。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

05.30 NSMに帰港
190530 (3)600
07:20若松港を出航、今日はNSMまで45nm。

190530 (5)600
中通島南西端に位置する棹崎。そしてここにも同じようなサイズの岩が3つ、こういうのを三ツ石と呼ぶんでしょうか。油壷の連中は岩を見つけては三ツ石とよく言ってますが・・・

190530 (10)600
10:00過ぎ五島と長崎を運航する「tsubaki」と「manyou」に同時接触

[広告]

11:00頃になりようやく風向きがSEに振れ、10から12ntほどの風でセーリング開始。今回はかなり風に恵まれました。

190530 (14)600
16:00無事NSMに帰港しました、これで春のクルージング第二回目は終了。まもなく九州も梅雨入りとなりますが、今回もその梅雨入り前に存分に五島を楽しむことができました。

スポンサーサイト
2019.05 | 21:08:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
05.29 若松港へ
190529 (1)600
06:40出航、今日は田ノ浦瀬戸経由若松港まで約35nm。昨日泊まってた桟橋のすぐ近くに「きはらし」という民宿が有り、その前に停めてある赤い遊漁船が頻繁に出入りしてました。もしかして渡し船かも。

190529 (9)600
今日の予報はN後NW、嵯峨の島から姫島までは機帆で昇り一杯

190529 (11)600
来るときはSの昇り、帰りは逆にNの風になったけどやっぱり昇り。

[広告]

嵯峨の島は小さい島だけど、集落が見えます

[広告]

そして福江島の北端、柏崎という地名の場所。ここもかなり海沿いの場所に集落や墓地が見えます。この辺りは天候が荒れた冬の時などはかなり厳しだろうと想像できます。

[広告]

その後田ノ浦瀬戸の入り口までは6nt程度のアビームで快調にセーリング

190529 (24)600
音無瀬という岩礁の所まで来ると

190529 (23)600
同じような岩が綺麗に四つ並んでいて、次来た時に良い目印となりそう

[広告]

田ノ浦瀬戸に入ると追手の風になったせいもあり急に静かになり、のんびり川下りをしてるような感じに

190529 (32)600
潮も下げ潮で1.5から2.0ntほどスピードアップに

190529 (31)600
久賀島側で見えたのがこの教会らしき建物、やはり五島と感じさせます。

190529 (39)600
12:50若松瀬戸入口に到着、瀬戸の入り口でセールダウン

[広告]

若松瀬戸、五島の島通しの瀬戸ではここが一番狭く、景色も一番綺麗に見えます。右手の入江の奥は深く、アンカーリングスポットが有ります。

190529 (43)600
13:40無事若松港到着、ここも水が透明で綺麗。

2019.05 | 18:06:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
05.28  今日も荒川温泉で休養
190528 (1)600
昨日は強風と本降りの雨で一日船に閉じ込められてましたが、今日はこの通りすっかり雨も上がり良い天気に。ちなみにこの桟橋は以前定期船の桟橋として使われてましたが、3年ほど前に廃航となってます。近くにいた方に尋ねたところ今はヨット用なので遠慮なく停めてくださいと言われました。
本当は使用に際し荒川漁協、玉之浦支所(0959-87-2211)が連絡先となってます・・・

190526 (32)600
歩いてすぐの所にこの様な足湯と綺麗なトイレ、水汲み場もあります。

190526 (30)600

190526 (31)600
昭和の時代、一時はここも捕鯨でかなり栄えたことが案内板でわかりましたが

190528 (2)600
港の近くにあるお店はこの食堂「さんさん」と小さな商店が1件のみ。この食堂はメニューは少ないけど生ビールが有り、風呂上りに涼みながら港の前で一杯やれるのが格別。

190528 (3)600
15:30頃風呂に行こうとしたら何やら可愛らしいメロディが聞こえてきて、それをながしていたのがこの車。なんと移動販売車、1日おきにこの時間に来てるそうです。

190528 (4)600
食材が乏しくなっていたので早速購入、こういうのはとても有難いです。

190528 (6)600
今日で三日連続この荒川温泉に、それも明るいうちからなんと贅沢な。さっぱりした泉質で、料金もなんと¥300。この港は工事関係の大型船が多数停めてあるせいか、作業服を着た人たちも結構利用されてました。

190528 (7)600
港は大きいですが、大型の漁船も多く

190528 (5)600
意外と岸壁は埋まってました。
明日は風も収まりそうなので奈留島か若松島に移動します。

2019.05 | 17:19:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
05.25 宇久から野崎島経由、奈良尾に
190525 (44)600
ブログアップができるようになったので25日分から更新していきます。
宇久島を08:20出港、野崎島までは5nmほどなので1時間ほどで着きますが、入港前に遠くの丘の上に教会らしき建物が見えてきました。

190525 (8)600
09:45には無事着岸。事前情報で一部浅いところが有るとのことだったのでデッドスローで入港、水深を入念にチェック。この時点でキール下約2m。大潮でもこれから下がって1.5m程度なので入口岸壁の所は大丈夫でした。港には管理事務所が有り数名の管理人が常駐、早速注意事項を聞き教会見学に。

190525 (18)600
この日は真夏日、大汗をかきながら標高差50m近く坂道を上り

190525 (21)600
途中この様な素晴らしい景色も

190525 (23)600
立派なレンガ造りの建物が見えてきました

190525 (24)600
調べてみたら、「旧野首教会」という名前だそうでこの島に住んでいたキリシタンの人たちが建てたとのこと。でもなんと立派なことか。中の写真撮影は禁止でしたが見学できました。今まで見たことのある奈留島の江上教会、平戸に有るザビエル記念教会と共通してたのがコウモリ天井という造り。昔の人々はたいした材料や専門知識もないのによくこれだけの建物を作ったとつくづく感心。

190525 (28)
後ろから見たところ、洋風な感じだけれど屋根は瓦です

190525 (9)600
管理人以外は住人はおらず、残されているのは朽ち果てた住居跡と

190525 (34)600
この鹿たち、およそ400頭いるそうです

190525 (42)600
チャーター船でやってくる観光の人々も増えつつあるようです。

190525 (58)600
その後11:50野崎島出航、相崎瀬戸を通過し16:50奈良尾着。

190525 (62)600
大汗をかいたので早速温泉センターに。トンネルの上についてみると前回来た時とは違うこの様なおしゃれな建物が! 名前をよく見たらなんと「MARGHERITA」。

190525 (61)600
こちらが温泉の施設。もちろん中もきれいでおしゃれな感じでした、でもあまりぼろで行くのはちょっと気が引けます。


2019.05 | 10:57:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
05.26 荒川温泉に
[広告]

昨日は宇久島から途中野崎島に立ち寄り、世界遺産となった野崎教会を見学してから奈良尾に着きました。昔の奈良尾温泉センターは新しくきれいになり、なんと小串の山の上に有るホテル「マルゲリータ」の2軒目が脇にできてました。3月にオープンしたばかりだそうですが、又すぐにここも予約でいっぱいになるのかも・・・
中通島にも綺麗な青砂ヶ浦教会が保存されており、これら世界遺産に登録された教会群を見学に来る傍らホテルを利用する人たちが増えたのかも。
そして今日は福江島の荒川温泉に行ってみることに。08:00前にジェットフォイル桟橋を出航、なおこの桟橋は現在工事中のため日中は係留許可されませんでした。寄港予定の方は問い合わせをされた方がよろしいようです。
明日、明後日は前線が通過するので天候が荒れ閉じ込められそうなので、温泉に浸かりゴロゴロする予定です。
そしてブログは動画だけアップできるのが判明。途中通過した若松島と奈留島間の滝河原瀬戸から気持ちの良いセーリング開始

[広告]

その後前線が近づいてきてるせいか16から18nt位のSが吹き続け、福江島北端辺りまで6.5から7.5nt位でセーリング。14:00過ぎ無事荒川着、ゆっくり温泉に入れました。

2019.05 | 11:12:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad